契約民主主義 用語解説の巻

たつぞうです。

 

契約民主主義の記事はこちら

alis.to

 

以前、Alisで記事のコメントに、Ochiaiさんの記事の解説を書いてほしいという要望がありました。

 

んな無茶な。天才の書いたものを、ど素人が解説するなんて無理です、、、まだ、契約民主主義の記事も、93回しか読み終えていませんw

 

、、、と言いたいところなんですが、私、契約民主主義を社会に実装するまで、啓蒙活動をやめないことを宣言しておりますし、勝手に「広報担当」を自認しております。

 

ですからまずは、たまにOchiaiさんが使う言葉で、意味が分からない横文字がありますので、私もそれについて知識を深める意味も込めて、ここにまとめておきます(あ、ごまかしたw)

 

以下の用語は、2020年の年頭(1月2日)に、私とOchiai氏が、Twitterでやり取りしたときの用語になります。この時は、嫁さんの実家にいましたし、いつになく酔っぱらっていたものですから、単純にツイートするだけでも苦労しました。嫁さんからはにらまれるし(´;ω;`)

 

 

ケンブリッジ・アナリティカ」による民主主義の危機

ケンブリッジ・アナリティカ - Wikipedia

 

新反動主義(暗黒啓蒙)

暗黒啓蒙 - Wikipedia

 

フィルターバブル

フィルターバブル - Wikipedia

 

エコーチェンバー現象

エコーチェンバー現象 - Wikipedia

 

審議的世論調査

Deliberative opinion poll - Wikipedia

 

「よく知らされた市民」(情報に基づいた市民)

Google 翻訳

 

ゲーム理論

囚人のジレンマとは?ゲーム理論の代表的なモデルを解説|ferret

 

テクノクラシー

テクノクラシーとは - コトバンク

 

ビッグ・ブラザー

ビッグ・ブラザー - Wikipedia

 

ポピュリズム

ポピュリズム - Wikipedia

 

ピグー

ピグー税 - Wikipedia

 

Quadratic Funding(概念が固定していないため、保留)

 

ネガティブ ドネーション(負の投げ銭?。疑義?日本名は検討中)

https://twist.com/a/108717/search/20855793

 

とりあえず、今日はここまでにします。すべらない話が、半分ほど終わってしまったのでw

 

「合言葉はお役立ち」

これからも、Ochiai氏の語る言葉の、通訳を務めます!