bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

皆さんにクリスマスプレゼント! 今なら間に合う 「GMOコインFX」で、1000万以上稼ぐ方法をあなただけに教えます♪

 

 

おはようございます、たつぞうです。

 

金曜の深夜、300万超を稼ぎました♪

 

 

 22日は、昼間からビットコインが下落を始めましたね。

日中は仕事の合間を縫って(笑)GMOコインでFXトレードをしましたが、ものの見事に焼かれまして、100万ほど溶かしてしまいました(´;ω;`)

 

 

深夜のトレード

 

夜中に入って、さらなる強烈なガラ(暴落)が来ました。

「ここはチャンスだ」と判断。昼の残りと、バイナンスにHODL(長期保有)していたアルトコインをすべてGMOに移管。勝負に出ることにしました。

 

 

結果、下りとそこからのリバを両方拾うことができて、300万の利益を得ることができました。昼間の損失を取り戻すこともできて、ホッとしました。

 


f:id:tatsuzou12:20171223211445j:image

 


f:id:tatsuzou12:20171223211501j:image

 

 

 

 

最後に少しオチが。GMOは昼間から「買い規制」という、取引所としては意味が分からないお知らせをしていたのですが、稼いだJPYをバイナンスに戻そうとしたとき、ビットコイン以外のコインが買えないという悲惨な事態に。

 

 

そして残ったビットコインはなんと、「出金停止」理由は「大量の送付依頼があるため」、、、ふざけるな!どうすんのよ、出金は?

 

 

しばらく呆然として、時間つぶしにツイッターを流し読み。しばらくすると、徐々に買い規制が解除。

 

 

やっと出金できると思ったのもつかの間。まず、昼間にとんでもない速さで着金した「リップル」を全額購入(しかも2000XRPづつしか買えないというわずらわしさ)

出金しようと数量を入れると、「送金は4000XRPまで」との警告が、、、

 

 

ふざけるのもたいがいにせえ!!!

 

 

全額リップルを買ってもうたやないかい(←関西の人、怒らないでください)

呆れながら、残りをいったん売却。

 

 

次にライトコインを購入。こちらも送金に上限が。上限いっぱいを購入して送付。

 

 

最後にイーサリアムを購入。何とかこれで全額送付できる。ここまでで朝の4時過ぎ。

最後は疲れ果てて、ポートフォリオ(各コインの数量調整)を整える余力はなく、、、最後の力を振り絞り、ブログをアップ。力尽きて寝ました。

(ちなみに翌日?当日は朝からリビングの大掃除と新規PCの設定に〇マデンの人が来ることに。ヘロヘロの状態で対応しましたとさ(´;ω;`))

 

 

tatsuzou12.hatenablog.com

 

 

 

 

今後の展開を予想すると、、、

 

現在は、最大で一日80万円(40%超!)ボラティリティ(値動き)がある時もあるビットコインですが、今後ETF(上場投資信託)」がアメリカで販売されるようになると、ボラが下がる(値動きの上下が少なくなる)ことも予想されます。

 

 

と、いうことは、、、ビットコインFXで、われわれアマチュアトレーダーが稼げる期間も残りわずかということです。

 

 

また、以前は、一つの方向に動き出すと、割と素直にその方向に値が動いていたイメージでしたが、今では、ポジションを持った個人投資家を狙い撃ちするように、逆方向に値が動くことも出てきました。

 

 

これはいわゆる「ロング(買い)」(または「ショート(売り)」を焼き払う(売らせる(買わせる)ための、売り(買い)を大量に発注して、損失を膨らませる、機関投資家のやり口です。

 

 

こうなると、素人トレーダーにはなかなか勝ち目がありません。ポジションを持っても、まるで見ているかのように、逆に値動きをします。

 

 

損切をして、ドテン(反対方向へのポジション替え)しても、今度は逆方向へ値が動く。その繰り返しで、損失がどんどん膨らむ。

 

 

私が過去、ドル円相場で4桁万円溶かした「負のスパイラル」に突入してしまうのです。

 

 

現状ではたいていの時間、このレンジ相場(ある程度の範囲で、値が上下を繰り返すこと)になっていますが、一か月に一回位(いや、もっとかな)の頻度で、とんでもない暴落(上昇)をするときがあります。

 

 

そこがエントリー(ポジションを持つ)のポイントです。

 

 

われわれ素人トレーダーがよくやる間違いに、「ポジポジ病」というものがあります。

これは、常にエントリをしようとしてしまうことで、これでは勝率は上がりません。

極端な話、一か月に一回のエントリーで充分です。

ひと月に一回のトレードなら、充分に集中して臨めますし、メンタル的にも冷静な状態でトレードできるのではと思います。

 

 

おそらくその時には、値動きは何十万ですから、初動で入れなくても、ポジション枚数にもよりますが、20~100万円の利益が上がるはずです。

 

 

具体的なトレードの方法

 

 

トレードする会社は、「GMOコイン」を選んでいます。私はスマホのアプリでトレードしています。ドル円の時に使っていた、SBIやDMMのツールに操作が似ているので、慣れていてトレードしやすいのです。

 

 

この操作性や、慣れは大事です。DMMでは、さんざんデモでトレーニングをしました(実際のトレードでは、負けましたが(´;ω;`))

ポジションを持ったあとは、とっさにポジションを決済しなければいけない場面も出てきます。私は以前、口座開設したばかりのビットフライヤーFXで、操作方法もロクに確認せずにトレードして40万円を溶かしたことがあります(ずさん過ぎ)

 

 

ビッグトレードをする前に、ポジションの建て方(成り買い、指値)、決済の方法(成り売り、指値、OCOなど)、最大数量(現在は、2枚×5=10枚)証拠金維持率の確認方法などをよく確かめておいて、操作に不安がないようにしておくこと重要です。

 

 

 

ビットフライヤーではダメな理由

 

「ビットフライヤー ライトニング」も口座を持っていますが、売買が盛んになってくると、トレードツールの動きが重くなってきて、最終的にはフリーズするようになります。

 

 

こうなるとお手上げです。損切も何もできなくなり、ロスカット(証拠金維持率が既定以下になった場合、強制決済されてしまう)まっしぐらです。

 

 

それから、ここには魔物が棲んでいます(いや比喩ですけど(´;ω;`))

尋常ではない高額のポジションを持った猛者たちが、24時間札束で殴り合っている感じです。

 

 

私はここに、またしても4桁万円を預けてしまいました。おそらく今年のビットフライヤーの社員のボーナスの何割かは私が出しましたね。

 

 

感謝してほしいものです、金光さんw くそー、いつか返り討ちにしてやる(こういう感情を持ってトレードすると、たいがい負けます)

 

 

エントリーポイントは、、、

 

上記でも言いましたが「大暴落」と表現されるようなガラが来た時が狙い目です。

 

(今回のガラのチャート)
f:id:tatsuzou12:20171223211640j:image



では、どうやってその時を掴むのか。

私は「ツイッター」で情報収集をしています。ここには日中のほとんどをツイートしているような暇人(おっと失礼)たちがいます。

 

 

ビットコインの大きな値動きがあると、必ず誰かがツイートしてくれます。

 

 

そんなに頻繁にツイッターをチェックできないよ、という方は、「ブロックフォリオ」などの、ビットコインの値動きが一定以上になるとアラームが鳴るようなツールを使ってもいいと思います。

 

 

エントリー前に確認すること

 

 

ここぞという、スーパーな値動きを掴んだら、エントリーする前にチェックすることがあります。

 

「コインべ―ス」と「ビットフライヤー」のチャートです。コインベースというのはアメリカ最大手の取引所です。これはあくまで感覚なのですが、トレードをしている人の多くも、どこか他の取引所のチャートを見ながらトレードしているのでは、と思っています。

 

(アメリカ コインベースのチャート)
f:id:tatsuzou12:20171223211844j:image

 

(ビットフライヤー)
f:id:tatsuzou12:20171223211914j:image

 

 

なぜなら、どこの取引所のチャートを見ても、値動きがほぼ同じなのです(当然若干は違う)そして、アメリカと日本の最大取引所の値動きは、GMOよりも若干先行している気がします。

 

 

ですから、両取引所のチャートを見ながら、下落(上昇)の継続、反転の確認、利確のタイミングの決定をするとうまくいくように思います。

 

(ガラから、反転してリバっている)
f:id:tatsuzou12:20171223212008j:image

 

 

エントリーの方法

 

理想を言えば、PCで上記チャート画面を確認しつつ、「成行(買い、売り)」の取引数量入力画面で待機します(この時、数量には「2」(最大入力数)を入れて待機します)

 
f:id:tatsuzou12:20171223212131j:image

 

そして、方向性がでたら、素早く「注文確定」ボタンを押す、、、ちょっと待ってください!

その前に、「BID」と「ASK」の間にある数字に注目。おそらく最近では「2500」や「5000」がでていることが多いです。

 

 

これは「スプレッド」と呼ばれるもので、取引所の手数料となります。

よって、ポジションをとった瞬間から、この数字×枚数分、マイナスからのスタートとなります。

 

 

これが馬鹿になりません。暴落中はこのスプレッドが大きくなる傾向があり、金曜日には、最大72500円を記録。いやいや、GMOさん、そのスプレッドではトレードできないっすよ

 

 

ここまでいかなくても、20000円や30000円もざらに出てきます。

 

 

ここで、注意点としては、下落(上昇)の勢いがあれば、スプレッドが大きくてもエントリーすることができるということです。

 

 

むしろ、スプレッドの大きさで、エントリーをためらうと、スプレッドが大きくなる一方になり、最初のスプレッドでエントリーしておけばよかった、ということになりかねません。

 

 

ところが、このスプレッドの数字、どの程度でエントリーするかは、感覚としか言いようがありません。当然、「500」「1500」「2500」といったようなスプレッドであれば問題ないのですが、「10000」を超えてくると、長い時間ポジションを持たなければいけなくなり、損切する確率も上がってしまう可能性が出てきます。

 

 

ですが、エントリーするポイントを絞った場合、かなりの勢いで下落(上昇)しているはずですので、私の感覚では、「10000」でも問題なく利益を出せると考えます。

 

 

留意すべきは証拠金維持率

 

方向性が出ている場合でも、ずーと下落(上昇)し続けることはありません。必ず途中には逆の値動きをする場面があります。ここで決済をしていては、大きな値幅を取ることはできません。

 

 

3桁の利益をとる場合、ある程度の時間、ポジションを持ったままにする必要があります(今回はあくまで、一定方向への値動きをすると仮定しています)

 

 

そうすると、途中のリバでロスカットに達しないように、証拠金維持率を確保しておく必要があります。

 

 

これもおのおのの懐事情もあるかと思いますが、最低でも200、余裕があれば300%程度の維持率は確保したいところです

GMOロスカットレベルは、85%。

レバレッジは25倍設定)


f:id:tatsuzou12:20171223212239j:image

 

 

この数値を確保できれば、グンとロスカットされ可能性は下がると思います。

 

 

あとは利確ポイントですが、あまり深追いするのはおススメしません。状況によっては、10万円程度でも利確する必要が出てくる場合があります。上記の、コインベースとビットフライヤーのチャートを確認しながら、明らかな反転を確認する前に、利確することをおススメします。

 

ETF販売まではまだ時間が掛かると思われます。一月に一回、200万円でも、半年で1200万円ですから、チャレンジしてみる価値はあります。

 

やるかやらないかは、あなた次第です🎵

 

 

留意点

 

留意点としては、GMO水曜15時~15時30分の間、メンテナンスに入りますし、売買が盛んになると、臨時メンテに入る場合がありますので、その時間はトレードを避けた方がいいです。

 

 

また、私がハマったように、出金の方法がなくなることがありますので(割と頻繁に)そうなっても困らないような資金でトレードする必要があります。

 

 

最後に、あくまでトレードは自己責任でお願いします。この方法で大損したからと言って、「自己責任は分かりますが、責任取ってください!」などのパワーワードを私に向かって叫ばないようにしていただきたいものです♪

 

 

 

それではみなさん、メリークリスマス!